AWS中国リージョン専門の請求代行サービス

AWS中国リージョン請求代行

お電話でのお問い合わせはこちら。
0120-679-317 (平日9:30~18:30)

当サービスをご利用いただくことでAWS中国リージョンでのご利用料金が5%割引に
AWS中国リージョンの利用をご検討中の方、日中間での接続にお悩みの方、お気軽にお問い合わせください。

請求代行サービス 特徴

1.コスト削減:AWS利用料金が5%オフに
AWS請求代行サービスをご利用いただくだけで、AWSのご利用料金が5%オフになります。
これまでより安価にAWSをご利用いただけます。
2.お支払い:分かりやすい円建て
AWSとの直接契約ではドル建てでのお支払いが基本となります。
当サービスでは、ドルではなく分かりやすい円建てでのお支払いが可能になります。
3.お支払い方法:請求書支払い
分かりやすい円建てに加え、請求書払いにも対応いたします。
運用コスト削減だけでなく、経理担当者の手間や処理工数の削減にも貢献いたします。
日本円への換算は、みずほ銀行外国為替データにて発表されるUSドル月中平均データを利用しています。
為替レート:みずほ銀行外国為替公示相場ヒストリカルデータ
4.初期費用・ご利用手数料は無料!
請求代行サービスは手数料無料でご利用いただけます。 初期費用も無料です。

AWS中国リージョンについて

AWSグローバルとは異なり、中国大手IT企業(SinnetとNWCD)との共同運営の形をとっていますが、中国でもAWSが展開されています。ただし、注意点もあります。
通常、AWSでは1つアカウントを作れば、異なるリージョンを共通的に管理することでき、デプロイも共通のアカウントで行えます。しかし、中国は他のリージョンとは切り離されているために、別途、中国専用のアカウントが必要となりますが、現地法人がない場合には、アカウント自体が発行できません。

参考:中国への接続の現状の問題点

2017年に中国工業信息化部(MIIT)が中国におけるインターネットでのビジネスに関する規制を施行しました。 現在、日本企業が東京のAWSを利用して中国現地法人に情報システムを提供するには、国際データ通信ライセンスを保有している通信事業者によるサービスの提供が必須となります。
※出典:インターネットアクセスサービスの違法使用の排除に焦点を当てた新しい規制要件(MIITレター[2017] No. 32)
中国工業信息化部(MIIT) 2017年1月22日

請求代行サービス ご利用の流れ

AWS請求代行サービスご利用の大まかな流れはこちらのイメージ図をご参照ください。
詳細はお気軽にお問い合わせください。
  • STEP.01お問い合わせ・お申し込み
    まずは、下記のフォームもしくはお電話にてお問い合わせください
    お問い合わせフォームはこちら
    正式なお申し込み完了後、STEP.02 アカウント発行へ進みます
  • STEP.02アカウント発行
    アカウントに発行は、目安としてお申し込み日より2~4営業日での完了を想定しております
    詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください
  • STEP.03ご利用開始
    この時点より請求代行サービス利用の開始となります
  • STEP.04請求書発行
    該当月のご利用料金を日本円に換算、貴社ご担当者様へ請求書を送付いたします
  • STEP.05お支払
    ご利用いただいた月の翌月末にお支払いとさせていただいております

よくある質問

Q. 現在使用中のAWSアカウントがあります。既にアカウントを持っていても請求代行サービスを利用できますか?
A. 当サービスはAWSアカウントを新規発行いただく場合にのみご利用いただるサービスとなります。
Q. アカウント発行が完了するまでどのくらいかかりますか?
A. アカウントの新規発行は、お申し込み日よりおおよそ2~4営業日を想定しております。
 詳細についてはお問い合わせフォームもしくはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

価格・サービスの詳細に関するお問い合わせや、
クラウド導入のご不明点など、お気軽にご連絡ください。

お電話でのご相談はこちら

0120-679-317 (平日9:30~18:30)

メールでのお問い合わせ